プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術 結果

母の手術は8時間半に及びました。術後のCTで腫瘍は95%取れていると思われます。目の神経への圧迫は解除できています。術中、髄液が流出したので、お腹から脂肪を取り詰めてパッチしています。鼻から沢山でないように様子を見ていきます。術後起こりえるものとしては、出血感染があり慎重に経過を見ます。詳細な評価は2~3ヵ月後のMRIにて行います。残存していた場合はガンマーナイフによる治療も考えられます。腫瘍は両側の太い動脈の周囲、上外側に残っています。正常な下垂体にも操作が及んでいる為、尿量が増えるので薬で調整する必要があります。長くても6ヶ月あれば改善すると思われますがステロイドを含む薬の投与は採血をしながら調整していくそうです。病理結果は両性の腫瘍でしたが詳細は永久病理の結果を待たないと分かりません。ICUに移された母の姿は小さく心が苦しくなりました、そんな母は麻酔が残っている中で頭が痛い!と小声で伝えてきました。あちこちから管が出て痛々しい姿、こんな母の姿、たまりません。そんな中、母は「モモ・エビ モモ・エビ」と言っているのです。モモは自宅で飼っている猫。エビとは好物の海老の事。忘れずにあげて欲しいとの意思表示でした。母らしい・・・父と笑ってしまいました。
スポンサーサイト

<< 孫から手術を受ける祖母への手紙 | ホーム | 下垂体腫瘍 手術方法 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。