プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムトDie Jungfrau


息子の影響で絵を見る事が多くなりましたが、クリムトの接吻はとっても気になる絵でした。

グスタフ クリムト(Gustav Klimt)【1862-1918】
象徴主義を代表する画家として、「ウィーン分離派」の創始者として、またエゴン・シーレなどの若く優れた作家を数多く見出すなど、美術史において最も重要な存在の一人であるグスタフ・クリムト。彼の描く繊細で優美な世界からは、「エロス」と「死」の甘い香りが漂い、まるでその耽美な官能に沈み行くように多くの人がクリムトの絵に吸い寄せられ魅了され続けています。

以前、彼の家に無造作に置かれた絵がクリムトだと気が付き、「これってクリムト??」って聞きました。
「良く知ってるね~置く場所がないから埃まみれだよ・・・」

そんな会話から数カ月。。。

海外に行く彼が、俺が死んだらここにあるものあげるよって言ったから冗談でクリムトの絵を貰います!!って。

そうしたら、君がこの絵を好きならここに置いておくよりこの絵は幸せだから直ぐに持って帰りな。。。

え゛~~~

そんな高い物貰えない~~~かなり焦る

で。。。今日この絵が我が家に到着

友人に話したら「本物??」

そんな訳は無い

リトグラフ

だけど大きすぎて我が家で置く場所を探しています。

あらためて じ~~~~っと見ると びゅーてぃふる 

Die Jungfrau


スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 残された命 | ホーム | やっと決定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。