プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首から来る痺れ

大阪の出張からずっと首から肩にかけて痛みがあり治らないまま福岡の出張に入り右手の痺れが出始め首を上げ下げすると突き刺さる痛みまである毎日。
ネットで調べたら下記が私におこっている事のようです。

頸椎椎間板ヘルニア
頸椎は背骨のうちで首の部分を構成する骨で、7つの椎骨(ついこつ)からなります。上から第1頸椎、第2頸椎と呼び、いちばん下が第7頸椎です。第2~7頸椎までは、それぞれの間に椎間板が挟まっています。椎間板は椎骨と椎骨の間でクッションのようなはたらきをします。
 その構造は、中心部に髄核(ずいかく)と呼ばれるゼリー状の物質があり、それを取り囲むように線維輪と呼ばれる丈夫な組織があります。髄核はボールベアリング、線維輪はバネのはたらきをしています。
 頸椎椎間板ヘルニアは、この椎間板の線維輪に亀裂が入り、そのなかの髄核が飛び出して神経(脊髄(せきずい)や神経根)を圧迫し、さまざまな神経症状が現れます。
原因は何か
------------------------------------------------------------------------
 椎間板の年齢的な変化(変性)が基盤にありますが、それに頸椎への運動負荷が加わることによって起こります。このために頸椎椎間板の変性がある程度すすみ、なおかつ頸椎への運動負荷の多い年代、すなわち30~50代が好発年齢になります。
症状の現れ方
------------------------------------------------------------------------
 椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されると、手足の痛みやしびれなどのさまざまな症状が出てきます。代表的な症状は首の痛みやこりです。午前中は比較的症状が軽くても、午後から夕方になるにつれて症状が強くなるのが特徴です。
 脊髄が圧迫されているようなら、手のしびれが現れます。手のしびれは片側だけの時もありますが、次第に反対側にも現れることもあります。また、最初から両側にしびれが現れていることもあります。手指の細かな運動もしづらく、箸で豆をつまんだり、魚をほぐすことができにくくなったり、衣服のボタン、とくに目で見ることのできない首まわりのボタンのとめはずしが難しくなります。
 神経根が圧迫されると、主に後頸部から肩、手指にかけての疼痛が現れます。この疼痛は、頸部を反らすようにすると強まるのが特徴で、これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。
検査と診断
------------------------------------------------------------------------
 症状のところで述べたように、神経根が圧迫されている場合は、首の動きと手への放散痛が特徴です。首を後ろに反らせると手への放散痛がみられます。脊髄が圧迫されている場合は、手の巧緻(こうち)運動が障害されるので、「10秒テスト」を行います。これは、手の全指を握ったり開いたりするグー、パーの動作を10秒間に何回できるかをみるものです。脊髄が障害されていると、指のすばやい動作がうまくできず20回以下になります。
 X線検査では主に骨の情報しか得られないので、頸椎椎間板ヘルニアを診断することはできません。ヘルニアの存在はCTやMRIなどで確認しますが、症状と身体所見を合わせて診断の裏付けをするための検査であり、身体所見と画像所見が一致した場合に診断が確定されます。
治療の方法
------------------------------------------------------------------------
 神経根の圧迫では、急性期に保存治療を行えば手術になることは少なく、神経根の圧迫で痛みが出ますが、約3カ月の保存治療で痛みは軽快します。
 保存治療では、まず頸部の安静のために頸椎カラーを装用します。薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩(しかん)薬、神経賦活(ふかつ)薬などが投与されます。血行を促進し筋肉のこりや痛みを軽減するために温熱療法も行われます。やや特殊な治療法として神経ブロックがあります。これは局所麻酔薬を神経周囲に注射するもので、痛みの強い場合に有効です。
 これらの治療で症状が改善しない場合は手術を考える必要があります。手術では、神経を圧迫している原因になっているヘルニアを除去します。通常は頸椎の前側からヘルニアを除去するので、椎間板が部分的になくなります。その空洞になった部分は骨を移植して固定します。移植骨は腸骨(骨盤の骨でベルトのかかる部分)から採取します。
病気に気づいたらどうする
------------------------------------------------------------------------
 整形外科を受診してください。無理に頸椎部に外力を加えると、麻痺症状が増悪(ぞうあく)することがあるので注意しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

<< みんなありがとね | ホーム | チケット回収方法 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。