プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年下の男

先週末は土曜にオールでクラブ活動、日曜はゆっくり寝ていたい所だったけれど、予定が入っていたから4時間程寝て支度を始めた。

年下の男性が自宅までお迎えに来てくれる

その相手は先週、同級生の結婚パーティーで何十年振りかに会ったN君

中学の一つ下の後輩。(それでも年下には変わり無い)子供の頃は良く遊んだ、遠い昔の事。

そんな二人も世間で言えば立派なおじさんとおばさん。

その二人が向かった先は私の実家。

何で彼と実家へ?

振り返る事30年以上前、彼等はバンドをやっていた、勿論この年代と言えばキャロルで「君はファンキーモンキーベイビーおどけてるよ、だけど恋しい俺の彼女」ってな具合でコピーバンドが溢れていた時代。

練習する場所も無くて困っていた。

今じゃ思い出せないけどどう言う訳か、我が家で練習が出来る事になり、リヤカーに器材を乗せて坂を上がり運び込んで私の部屋の窓とシャッターを締め練習開始。

今考えてみれば何て寛大な両親だったか。

そんな子供達を受け入れてくれた両親に会いたいとN君が言い出した。

昨年、母が手術したのもあるから、昔のお礼も言いたいし顔見たいって事で会う事になった。

迎え来た車を見てビックリ、ベンツのAMG ホイルもカッコいいし、通常のベンツの音じゃ無い。車大好きな私にはたまらない。

ね~これって幾らするの?

同型ベンツの倍。俺は趣味が無いから車だけは贅沢させて貰ってると。

話は飛んだけれど、実家に到着し母に会ったN君は第一声、

「お母さん、スゲー会いたかったです、30年前はありがとうございました」

「N君も目元が変わっていないわ、バンド練習を許可したけれど昔の家だから下に凄く響いたわよ、良く会いに来てくれたわ」

そこからは時間が経過するのは早かった。

父もゴルフから戻り、彼と経営について話していた。

微笑ましい光景を見て私は親不孝をしていると感じた。

N君が旦那であったら、どんなに両親は安心するか。

人の道は見えないし振り替えれないから面白いのだろうけれど、私の人生をやり直せるなら中学に戻る事しか方法はない。

だってN君には妻子がある。

またかよ



ブログランキングに参加しています
ポチっとお願いします 





スポンサーサイト

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

<< 美人!! | ホーム | こんなことって!! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。