プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が怖い

あいつが出たのです。

一年ぶりにやってきました。

恐怖のあまり半泣き状態。

助けて~~~ 

Oさーーーーーん助けて~~と言っている私の後ろで娘は携帯で動画を取りながら笑っていた。

私のソバにいた人でアイツに動じなかったのはOさんだけだった。。。

あいつはゴキブリ。

それも出現したのが私の部屋。←娘は自分の部屋で無いから余裕だ!!

部屋の明かりを消し枕元のランプをつけて本を読んでいた。

暑いから二時間タイマーにしてエアコンをON。

わ~い快適と喜んだのもつかの間、コンタクトを外している私の目にハッきり見えた。

あの黒い姿が。

ギエ~~~~と助けを求めたのは娘の彼。

強力スプレーを持ち出しエアコンの後ろに隠れたアイツに噴射するのにも悩む。

こっちから噴射すればこうなるし、あっちからならこうなるし・・・

考え抜いて万全の態勢でシューーーーーびっくり

1 2 3 4・・・ポトっと落ちた先はベットとカーテンの脇。

ウギャ===とみんなで焦りまくり、男だろ!って理由だけで彼に戦いを挑ませた。

何処を探してもいない、見つけて最後を見届けるまで寝れない。

ベットの下に行ったんだよと言う娘の言葉でマットレスを持ち上げ、敷き板まで外し捜索開始。

で。。。1時間の戦いをしたのにも関わらず見つける事が出来ない。

時間は1時近くになっていた、寝ないとヤバい。。。

あ~~~睡魔に勝てず恐怖のアイツを残したまま寝る羽目になった私。

まさか・まさか、今日は出ないよねorz Oさん助けて~~~


ブログランキングに参加しています
ポチっとお願いします 





スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

<< ももの傷 | ホーム | 外人のナンパ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。