プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の人生の見つけ方

今日は友人と映画へ
映画館には随分行っていない、行く人がいないのが原因だけど汗

久し振りに見たいと思った映画 【最高の人生の見つけ方】

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演で描く、死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。
病室で知り合った2人が意気投合し、“やりたいことリスト”に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける。
素直に笑って泣ける映画。
人生の最終段階で、それまでに出来なかった遊びを思う存分やりつくし、腹を割って話せる友を得るなんて羨ましい限りだ。
そんなうまい話は映画の中だけ。
現実にはありっこないなんてひねくれた気持にならないのは、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが、まるで自分自身を演じているように、役柄にぴったりはまっているからだ。  
フィクションであることも、彼らの演技であることも承知の上で、自動車整備工カーターの誠実さはフリーマン自身の特質と思えるし、わがままいっぱいなのにどこか可愛くて憎めない実業家エドワードは、ニコルソンそのままに見えてしまう。

やりたい放題の演技でこんなにも見る者を魅了する秘密は何なのか、聞いてみたい。
この俳優たちのリアリティーこそが、おとぎ話のような老人の冒険譚から真実味のある感情と共感を引き出しているのだ。
70歳の俳優2人が主役で、癌で死んでいく話なのに、みんながニコニコする明るい映画を作れるのは、ハリウッド伝統の技かもしれない。

もし、私が余命6カ月なら???

あの人に会う

いままで行った海を全部回る

スカイダイビングをしたい

エジプトに行ってみたい

アフリカに行ってみたい

プーケットに行きたい

まだまだ沢山あるけれど・・・

最後に私が友人に言った「大好きな人と行きたいふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート」とね。
ただし、お金が無いとこんな事 出来ないと現実に戻るのであった。。。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

<< One Night In Bangkok | ホーム | カビ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。