プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首の痛み

ただ今、大阪出張中ですが。。。

こっちに来てから首の様子がおかしい

首というか首の付け根、肩、それも位置が特定できない。

今となっては上下左右が動かせない

うがいも出来ない

横になっても寝返りすら出来ない

朝、9:30~夜8:00まで立ち仕事

それが影響しているのか?
寒いから体が縮こまってコリになっているのか?
ん~~~原因が分からない

医者から貰っているモーラステープを貼っているけれど改善しない

あまりの痛みに口も聞きたくない、だけど仕事で接客しなきゃならない。

食事をするのに下も向けないから、ホテルに帰って軽く食事をする程度。。。

ア~~~~どうにかしてくれ!!
この体!!

↑これが昨日
今日はパソコン開いて下を見るのが一番辛い事に気がつきました。
だから食事をするのも前屈みになるから辛い。。。

バカな頭なのに、この重さが耐えられない。

湯船に浸かり暖かいフェイタスを買って貼っています。
薬局で、これが効かなければ、早く病院に行けと!

むち打ちでも無い、腕は上がるから40肩でもない。
じゃあ、ホテルの枕?
私は低い枕じゃないと眠れない、家では低反発の低い枕にしてる。
それかな?
昨晩は枕外して寝てみた。
だけど改善なし。
寝返りうつ度に痛みが走りやっぱり眠れない。

ホテルへ帰って仕事をし、コンビニのおでんとサラダを食べながら、メッセージ書いてる。
う~~~もう限界、ごめんなさい今日はパソコンもう出来ません。

こんなんだから、外出してご飯なんて食べれない。。。トホホホ


スポンサーサイト

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

クラブ活動

金曜の夜は踊りに行く生活が続いている。

完全にクラブ活動になっている。

彼と行っているのだが、何しろ彼は今忙しく集合時間10:30

私は仕事が終わって友人と食事?飲み?ながら待っていた。

終電で帰る私は1時間半しか居られない。

だけど。。。辞める? イヤ、行っちゃうでしょけむり

大好きな女を待たしちゃいけないと、チャりを飛ばし息切れしてきた彼。

ね~~~分かっていないねぇ~ 私、2時間半も待って出来あがってるよ。

いつもと変わらずクラブの前にチャリを横付けし、GESTで入っていく。

毎回そうだけど、混んでる。

飲んでいた私は濃いお酒を一杯飲みトイレjumee☆shy2
トイレの入り口に一人の男が立っていて、私に話しかけてきた。

「元気?久し振りだね~」
「????」
「いつも綺麗だね、俺は君が好きなんだよ」
「????」
と言って抱きついてきた。
キレた私は
「お前誰??」
「良く合うジャン・・・」
「そばに寄るな!」
と彼の元に飛んで帰った。
追いかけてきたけれど、彼に抱きついていた私を見て物言いたげで・・・

キモイ!!

いくら酔っていても私は人の顔を覚えるのが特技うえ

そんな男見た事も話した事も無い。

彼に事情を話したら、抱きつきたくなる気持ちは分かるぅ~~~

と抱きしめてくれたが、オイオイ何か違わないかbikkuri01


私、Chaka Chan が大好きで【Through The Fire】 が特にGOOD!
で・・・アレンジした曲がかかった。
そうしたら彼は、この歌は俺の君に対する気持ちなんだと言って歌いだした。
踊りに来ているのに大声で英語で歌っている(彼は英語がペラペラ)
どうしても歌詞が気になって調べてみた。

こんな事言って貰えて私は幸せ者だと思った。

I look in your eyes and I can see
Weve loved so dangerously
Youre not trusting your heart to anyone
You tell me youre gonna play it smart
Were through before we start
But I believe that weve only just begun

When its this good, theres no saying no
I want you so, Im ready to go

Through the fire
To the limit, to the wall
For a chance to be with you
Id gladly risk it all
Through the fire
Through whatever, come what may
For a chance at loving you
Id take it all the way
Right down to the wire
Even through the fire

I know youre afraid of what you feel
You still need time to heal
And I can help if youll only let me try
You touch me and something in me knew
What I could have with you
Well Im not ready to kiss that dream goodbye

When its this sweet, theres no saying no
I need you so, Im ready to go

Through the test of time

Through the fire, to the limit
Through the fire, through whatever
Through the fire, to the limit
Through the fire, through whatever

君の目を見れば すぐにわかるよ 愛がはっきりと見えるのに
君は誰にも 心を許していない

賢くやっていきたいのと 君は言ったね
はじまる前から そんなことを言っていた
でも僕らはまだ はじまったばかりじゃないか

素晴らしいと思えるものなら 拒否することなんかないじゃないか
僕は君が欲しいんだ だから 僕は心を決めているよ

燃える炎をくぐり抜けても
行けるところまで行こう
君と一緒にいられるのなら
どんな危険も恐くはない
燃える炎をくぐり抜けても
たとえ何が起こったとしても
君を愛していられるのなら
どんなことでも耐えてみせる
最後の最後まで たとえ炎をくぐり抜けても

自分の気持ちに 戸惑っているのかい
心が癒えるまでは 時間が必要なんだ
君がそうさせてくれるのなら 僕は君の力になれるんだ

君が僕に触れたとき 僕には分かったんだ
君とならうまくやっていけるって
そんな夢を手放してしまうなんて
僕にはとてもできそうにないよ

こんなに素晴らしいことなら 拒否することなんかないじゃないか
僕は君が欲しいんだ だから 僕は心を決めているよ




テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

誕生会

20081119074304
昨晩は親友4人がお祝いしてくれました。 

青山のスペイン料理、海老やイカ、パエリアを堪能
プレゼントはデコペン
これがまた可愛い

途中で携帯が鳴った。母からだった…私を産んでくれてありがとうと伝えた。
そして毎年誕生日に電話をくれる中学の同級生、こんな時じゃないとお前と話せないからなぁ~
お祝いして貰っていると思ったけれど、HappyBirthdayだって。

幸せな時間をありがとう
家に戻ると娘が起きて待っていてくれて、彼と買ったと言うhonuのハンカチタオルをプレゼントされました。「何を買ってか良いか分からなかったけれど、ママの大好きな海亀グッズ!だからさ」
ヒェ~嬉しい

みなさんから沢山のお祝いメッセージや電話を貰い、誕生日ってありがとう

明日は・・・

ミッキーマウスの誕生日、そして私の誕生日にっこり

イイ年して嬉しいかと言われれば 【嬉しい!】

私を産んで大切に育ててくれたくれた両親に感謝は-と

そしていつも私を支えポジティブに歩んでくれる親友に感謝!

こんなおバカな親について来て思いやりのある子に育ってくれた子供達に感謝!

そして今の私を支えてくれる彼にありがとうふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

ビーチ

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

再編集

昨年編集した波乗りのビデオが見にくかったので再編集。

乗っている人は気持ち良いのか・・・怖くないのか・・・

防波堤で撮影している私は轟音と水飛沫に悩まされ巨大な波を間近で見る恐怖との闘い波





テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

先週の金曜日六本木のクラブへ彼と出かけた。

デートと言えばクラブ。。。二人とも踊りが好きだからしょうがないけれど集合時間10時

彼は何処へでもチャりで来る、勿論クラブへも・・・

クラブの前に止め、「ちゃんと見張ってろよ」と駐車禁止?を取られないよう託す変な奴。

で。。。自転車の籠の中に花束二つ。

Mちゃん、誕生日に一緒にいてあげられないから、これ。。。。と渡された。

突然の花束攻撃に予想もしていなかった私は動揺して目がウルウル。

私だって大阪出張で彼の誕生日に一緒にいてあげられない。

なのに、いくつになっても花を貰うって嬉しい、凄く嬉しいふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

最終で帰る事を考えると2時間弱、それでも「GESTの○○です」と入っていく私達jumee☆shy1

満員電車のように混んでいる、大人ってこんなに遊ぶ所が無いの??

メチャ混み怒る

花束2つ抱えて入れる余裕なんてない、バーに預け、いざ中心へ

彼の友人も沢山来ていて、代わる代わる紹介され踊る暇などない。

私は濃いめのジントニック!! 彼はウォッカトニックの濃いめを頼み カ~~~と飲み干した所に知り合いのBOYさんがニヤニヤしながら両手に小さいグラスを4つ持っていた。

イヤな予感!! テキーラだびっくり

ド~~~モと調子に乗りまず1杯。

自分のドリンクが無くなったからバーに行くと、またテキーラが用意されていてもう1杯。

席に戻りジントニックを飲んでいると又1杯。

1時間で立て続けにテキーラの嵐。

踊るからお腹で揺られ酔いが回る。

2時間弱でヘロヘロになる。

最終電車だとクラブを飛び出て、彼はチャり私は地下鉄。。。。

ここからが恐怖の始まりうえ

私は電車のつなぎが悪く50分ほどで駅について歩きだしたら、何か忘れている事に気が付いた。
貰った花をクラブに置いて来てしまった。アイタタタ~~
歩きながらクラブに電話をし明日取りに行きますぅと言ったのは良いけれど、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ
完全に志村けんの酔っ払い状態。
自分でまっすぐ歩いているのに、ラインの上を歩いてみたけれどまっすぐ歩けない。

こんな事って初めて、無事に家について彼にメールをした、電話もしたが音沙汰無い。

私がこれだけ酔っているのだから彼だって同じだと思い何通もメールをしたけれど返事が無い。
諦めて寝た。

翌日夕方、やっとヤツと連絡が取れた。

「ね~~大丈夫だった?」
「実は。。。」
話を聞くとチャりで2度転び、家には着いたけれどマンションの階段で寝てしまい。。。風邪をひいていた。こんなに寒いのに。。。死んじゃうよ!!!!
起きたら朝で、コーヒー1杯飲んでお風呂入って仕事に出かけたオバカさん。

大人げない初老のカップルはまだまだやらかしますグー!

今週も踊りに行っちゃう?うしし当たり前じゃん!!

花1

翌日クラブに花を取りに行った。。。少し枯れていたけれど、復活させアレンジしてみた。

幸せは-と


テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

生きてきた道

40ウン才にもなるとそれぞれが歩んできた道がある。
正しいか間違っているかなんて肯定も否定も出来ないけれど、歩み寄らなければいけない現実が今の私にはある。
価値観は一緒、だけど感覚が違う。
それも恋愛の感覚が違うのは厄介だ。

何故?
どうして?

が行ったり来たり。

メールでやり取りすると余計に拗れる。

私がこうして欲しいと思う事を彼は無感覚。

だから悪気も無い。

そんな老いらくの恋?(老いらくにはまだ早いか・・・^^)は進行中!!

先週のジョナサンケイナーの占いで気になる事が書いてあった。


太陽は一日も休むことなく照っています。でも、毎日、日の光を拝めるわけではありません。なぜなら雲が日光をさえぎることがあるからです。「暗さ」という名の幻影はあまりにも真に迫っているので、それを見越すためにはかなりの信念が必要です。希望をヘリコプターだと思ってください。それに乗って雲の上に出てしまえば、青空を好きなだけ楽しむことができます。
 ただし、「雲に小さな隙間がある限り」という条件がつきます。厚い雲が空をおおい尽くしていたら、離陸はできません。今現在、雲に大きな隙間ができています。このチャンスをつかんで、あなたの人生を永遠に変えてください。ちゅうちょしていたら、ほどなくして魔法の瞬間は終わってしまうでしょう。

今、私は人生を永遠に変えれる時なんだと自覚するグー!

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

酔っ払いって最高!!

先日、銀座で彼と食事をし終電で帰る私。

終電と言うのは酔っ払いの宝庫!!

この人大丈夫??と思えるほどの人も大勢いるけれど、今回のは群を抜いて私の中でTOP1bikkuri01

地下鉄の表参道で乗ってきたこのオジサマ、ホームで散々やらかしていたらしくそばにいた女性二人の笑いの壺に入った。
彼女達はこの笑えるオジサマを激写していた。

このオジサマ、終点まで哀れな姿で寝ている。

私と彼女達は電車の中で下を向きながら笑いが止まらず、一心同体??な感覚で電車から降りた。

ちなみにそのオジサマは乗り換えなければならない電車には乗れず、その後は分からんのですうしし

終電の混み方は半端ないのですが、彼女達はオジサンストーリ見てみます?と携帯で撮った写真を見せてくれた。

見た瞬間、彼女に欲しい!!と頼み赤外線で下記の写真を送って貰った。

どう???これグー!    素敵なお腹でしょ。。。
オッチャン1オッチャン2オッチャン3



テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。