プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張り合う?母娘2

最近、家でPOWER FLEX BARをやっている。


弛んできた二の腕・背中の筋肉・バストアップに効果があるけれど、DVD見て一人でやっているとかなりマニアックになっちゃう。


先日、娘がそんな姿を見て「私、鍛えてムキムキ路線で行く」と頼もしい言葉が返ってきた。


我が家の体質は鍛えれば直ぐに筋肉となって現われるから、チョットやればママに勝てるなあ~と挑発的なお言葉。(地道な努力が必要だよお嬢さん)


だけど彼女もなかなかイイ腕筋。(チョット焦る…)


ちなみに左はママ 右はお嬢262


                                                腕の写真


これならマドンナにもなれるかもなんて思いつつ。


私に追い付く事は不可能だぞ。と内心気合いを入れて取り組むのであった。


娘よ!心も体も綺麗な女性になるんだよ。

スポンサーサイト

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

張り合う?母娘

夕食を作っていた娘の指を見て昔の私の指にそっくりだと思った。


改めて自分の指を見て絶望的になった。


シミ・シワ・たるみ、あ~情けない。


年輪を重ね素敵に年を取っていきたいが娘の手のハリはどうあがいても叶わない。


それに彼女は付け爪をしている。綺麗!


スーパーに買い物に行ったらお婆ちゃんに「あら~あなた爪が長くて綺麗ね、どうなっているの?」と質問を受けた。娘は説明をすると長くなると思ったので「プラスチックの爪を付けているんです」と答えた。(ちなみに、このネイルアート1万数千円かかっています229)で・・・お婆ちゃんは「私も付けてみたいわ~~」と娘の手を凝視していたそうです。


こんな爪で何も出来ないと思われるでしょうが、料理もパソコンもお手の物でございます265


争ってもしょうがない事だけど、羨ましいなぁ~~


                                                          娘の手
                   私の手


 


 

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

皆既月食

今日8月28日、全国で皆既月食が見られます。


地球の影の中に月がすっぽりと入ってしまうこの現象が全国で見られるのは、2001年1月以来6年ぶりのことです。皆既月食中の月は、一般的に真っ黒にはならず、赤銅色とよく表現される赤黒い色で見られることが多いです。しかしこの色は、皆既月食ごとに変化することが知られているそうです。


東京はお天気が崩れそうで・・・観たいなナ~~ お月様


下記のサイトでは皆既月食の中継を18:30~21:30やっています↓


http://www.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/tokusyu/le2007/


                      皆既月食


                  皆既月食

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

休日のランチタイム

高校からの友人(夜遊び隊)と今日はランチ。


その中の一人とは昨日も一昨日も一緒だったけれど 


ガールズトークに花が咲く 


私にとってこの二人の友人は生涯共に歩んで行ける人で、波瀾万丈の私を支えてくれている。


心の支えとなり人生を放棄しようとした私を引きずり上げてくれた。


それぞれの子供も大きくなり、これからは自分達の人生を有意義に過ごすのに不可欠です。


人生は一度きり、後悔しない・楽しむをモットーに夜遊び隊は今日もGO

カーブス

今日は友人がオーナーを務める烏山カーブスに出向きました。


カーブスは1992年にアメリカで生まれた女性専用のサーキットトレーニング・ジムです。女性が手軽に長くつづけられるように工夫されたこのプログラムは次々にクチコミで広がり、いまでは全世界で約10,000店。世界中で、現在400万人以上の会員のみなさんが、カーブスのサーキットトレーニングを楽しんでいます。


彼女は大森店のオーナーでもありいつ休んでいるのだろう?と思う位勢力的に動いています。


お店を管理するだけでなく人を使う仕事はとても難しい、特に女性だけの世界となると更に・・・それもこなし会う度に光り輝き綺麗で尊敬できる女性であります。


 私はジムに通っていますがジムには難点がいくつかあります。


 ①必死に筋トレしている女性を冷ややかな目で見る


②男性の汗臭さ


③1回が時間を要する


そんな悩みをカーブスは解決。30分だけでイイのです。


詳細はカーブスのHPをご覧になってください。


じゃあ何で貴方はいかないの?・・・


営業時間が私の仕事の時間と重なり行く事が出来ない。


もう少し遅くまで営業して欲しいなぁ~ オネガイ!

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

キング&クイーン

今夜の夜遊び隊の出没地は六本木キング&クイーン


マハラジャナイト開催。


そうマハラジャと言えばキンピカの内装で太い眉毛・肩パット・バブルを思い出す。


フロアにはあの頃のビデオが流れ[懐かし~い


今日は夏祭りと題して音楽はALL MIX(ダンクラとパラパラ)屋台も出てDJは懐かしの髪型に短いジャケット、勿論刺繍が入っている。タイムスリップしたようでした。 


次回は何処を探索しようか     


あ~腰が痛い


 

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

親友の離婚

離婚が確定した親友。


28年間の結婚生活に終止符を打つ。


何で今更?やり直せないの?と言う人は誰もいない。やっと決心したね、おめでとう!と祝福の言葉が彼女に降ってくる。


長い間、私はこの夫婦を見て沢山の思いがあるけれど、手の離れた子供から


「もう良いよママ・・・」と言葉を貰い、決心は固まった。


将来を見据えた彼女の決断を私は支えていきたい。


またまたジョナサンケイナーは、彼女を見ているかのよう。


「もうじきあなたは「ある地点」に到着するでしょう。そこにやってくるまでに、ずいぶん時間がかかりました。あなたはもはや犠牲者ではありません。それどころか、すばらしい目標に向かって突っ走る成功者なのです。その目標に到達することはあなたの運命です。成功するために努力は必要かもしれません。でも、あなただったら勝てるはず。今週、自信と勇気をもって進んでいく限り、目覚しい進歩を遂げられるでしょう。」


波風立てずに生きてきた優しい彼女に明るい老後が待っているに違いない          


          今日の夕日

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

ディスコ

六本木ヴェルファーレが無くなってから、私達ヴェルファーレ難民は踊りに行く場所がありませんでした。


ドレスコードが厳しくてデニムでは入れないとかナンパばかりでまともに踊れないとか年齢層が低いとか曲が今一とか… 


そんな問題を解決してくれる場所を求めています。      


そんな中、一年限定のディスコロマンティコが銀座に誕生、


やっと念願叶って行く事が出来ました。


ん?何か変…ヴェルファーレ時代と違う。


ステッパーでもないし。


常連に聞くとラインダンスのようだろその通り 


火曜日だと言うのに溢れんばかりの人・人・人・・・


ホットヨガでもやったように汗かいてナンテ健康的なんだ私  


ヴェルファーレ時代から仲良くしているスタッフも働いていたので、また通わなくちゃ 


レッツ ダンシングだもんね  


                   ロマンティコ


                   ロマンティコ

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

幼なじみ

夕方、幼稚園から中学まで一緒だった幼なじみから飲みに行かないかとお誘いがきました。


彼は店を経営していて月曜が休み、週の始めだけれど飲んだ後、ダーツにも行く。


そして彼の仲間を沢山紹介してくれるから友達の輪も広がります 


私は終電で帰りますが彼達は下北へ消えていきました 


俺たちはメタボリックだと言いながら良く飲むみんな紳士だし、元気を沢山くれる… 


私の葛藤を笑い飛ばしてくれる。


いつもありがとうm(__)m

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

舞台

今日、池袋に出向きました。友人が8月14日~8月19日まで池袋シアターグリーンにて舞台公演を行っています。若者達が愛を守る為に命を賭けた特攻の舞台で彼は役者として出演し、演出・脚本として取り組みます。
★FREE(S)第三回公演『LETTER』
戦争の話なので途中から涙が零れだし、終了した時には[お前泣いただろう]って顔になっていました。

彼とは六年の付き合いがあり、最近は役者だけでなく演出・脚本も手掛け輝いています。舞台の内容や台詞の一部が私達のプライベート?が入っていたりで、色々話題を提供している私達です。
初回から比べると彼の成長が目を見張る程であります。
次回も見に行くからね

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

神宮花火大会

隅田川・玉川・神宮と都内で都内で数々花火大会があるけれど最近そばで見ていないなぁ~


数年前は友人が湘南の材木座で海の家を経営、席を用意してくれていたので最高の場所で花火が見れたけれどテキーラ飲み過ぎて大変な目にあったのは記憶にある 


昨晩は神宮花火大会、実家から花火が見えるので屋上パーティーと洒落てみました。


回りの家でも屋上パーティー真っ盛り。(だけど良く見ると花火の方向を向いていないで宴会に夢中になってる235


大宮から親戚・千葉から息子の友人が来てくれて総勢10人で一時間の楽しい時間は過ぎていきました。


また来年も盛り上がるよん! 有志を募りま~す53


                            花火





この暑い日にもつ鍋だ!


昨晩は会社のスタッフと近くのもつ鍋屋(もつ道)に行きました。もつ鍋を食べるなんて何十年振りだろうか…味噌・醤油・塩の中から邪道だけど醤油を選び食べました。久しぶりで美味しかった、この暑い時期に鍋を食べている人がいた事にどこか安心感、私達だけじゃなかった。


食事が終わり正方形のお絞りがあると手が動いてしまう事があるの。お絞りぴーちゃんホストの子に教えてもらったのを自分なりにアレンジするようになって現在に至ります。


今日の出来栄えをお見せしましょう。会社のスタッフはお腹抱えて笑っていました。


ちなみに釣り目ぴーちゃんはタバコをくわえています 


店の人は見なかった事にしますと       


           お絞りぴーちゃん


                お絞りぴーちゃん



嫌がらせ弁当

子供のお弁当生活をしなくなって何年が経つだろう…幼稚園から高校の部活用にと四苦八苦した時代だった。特に息子はサッカーをやっていたので毎日4合のご飯を炊き、全ておにぎりに化けたっけお弁当~懐かしい。


何故今、お弁当の話かというと・・・


昨晩友人と出かけた後輩の居酒屋で見せてくれたお弁当の写真。


20才の娘に作っているんだけれど、明らかに嫌がらせ弁当だと彼女は豪語していた。


蓋を開けたとたん出てくる、このインパクトは彼女そのもの。


彼女は体が大きいだけじゃなく、キックボクシング・歌の先生・居酒屋の女主人と言うように宝箱のような人。


可愛く頼りになる後輩だ。これからも嫌がらせ弁当に力を注いでもらいたい!


                                   お弁当

テーマ : コレッてイイかも~!? - ジャンル : ライフ

塩クロワッサン

クロワッサンと聞いて想像する味は殆ど変わりが無いと思いますが・・・想像外の物を食べました。


先日会社のスタッフからゴチになったのがDEAN & DELUCA の塩クロワッサン。確かに塩の粒が歯にあたり、どこか違う味。う~イイ感じ 「美しさ」の中にいることを五感で感じられる店“Museum For Fine Food”という発想です。


このお店のトートバックもシンプル、最近持っている人を良く見かけるもんナ~ 


ともあれ美味しい物好きの方…お試しを! 食するよろこびを伝える食のセレクトショップ。渋谷東急百貨店東横のれん街にあります。


                       塩クロワッサン


P.S   忘れられないパンの一つ。POMPADOUR赤い袋で有名ですね。チーズ入りバケット、焼き上がりを見計らって店に行くとパンがパチパチと音を立てて出てくる。走って家に持って帰りちぎって食べる、チーズがトロ~と…絶品。


 

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

暑いのにクリスマスツリー

日曜でお盆だと言うのに私は会社でクリスマスツリーのサンプルを作っています ある友人に遊びに行く予定が無いんだから仕事人間になるのもイイじゃん!って言われたけれど・・・う~寂しすぎる。


それも真夏のこのクソ暑い時に真冬のツリー


私の仕事は中国の工員さんを大勢動かして物を作る。香港のスタッフはその工場の生産管理をしてくれる、一人では物は生み出されない。今、大変でもこの商品を受け取った人が「可愛い~」と言って飾ってくれる…そんな事を思って日夜戦っている。


日本ではこの時期サンプルにする為のパーツが手に入らない、部材屋さんでも殆ど扱われていないから厄介なのだ。だけど「そうですか~」と引き下がるわけにはいかない。 学生時代の経験を生かして店に出向きパーツを探す、自分が考えていたパーツに出会ったときの感動は素敵な男性に出会った感?程、嬉しい。


頑張って仕事をしてくれるスタッフの為にも私がやれる事はやらないと申し訳ない。


でもね~好きなんだな~細かい作業。無心になれる


                                        20070812130824.jpg

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

大好きなのに大嫌いな夏

日本人に生まれて四季を感じる事が出来るのは恵まれているが、夏になると最大の敵が私の前に現われる。黒く光沢があり、その動きが益々恐怖を誘う。そうです、あのゴキです。 クワガタやカブト虫は掴めるのに、あいつだけは心臓が破裂しそうなくらい恐い・嫌い。


そして何故か一人で家にいる時、出現する。嫌いだから余計に察知する、殺すまで眠れない。もし自分の部屋に現われたりしたら一晩中格闘となる。以前出現した時、殺虫剤が無いからと掃除機を引っ張りだしやっとの事で吸い込んだ、ティッシュを何枚も吸わせて封印をした気持ちで掃除機の紙パックを恐々取り出した。その瞬間ヤツが飛び出てきた経験がある、だから次は外に掃除機を持って行ってパックを取り出した事もある。


キッチンだって食べ物を残さないようにし、洗い物も直ぐやっているのに・・・本当にあいつのせいで我が家は大パニックと化す。 


数日前にも今年初めてヤツと遭遇。絶対逃がさない!と心に決めても体は動かない。今年は殺虫剤の強力な物を買ってある。泡で包むのも考えたが、包んだ後それを掴む事が出来ないから却下。むせる位、死ね~~!とスプレーを放つ。だけど奥に隠れてダウンしているかも分からない。そこで掃除機で探り吸い込み作戦、見事に紙パックに入って行った。簡単に書いたが、紙パックを破棄し掃除機を元の位置に戻し時計を見たら一時間以上経っていたの183 


寿命が縮む。娘とあいつをやっつける道具を開発しようと毎回話し合っている。


又はヤツを退治してくれる強いメンズを募集するしかない

母の退院

今週、母の退院が決まりました。現在は下垂体を触った事で尿の頻度が過剰ですが点鼻薬で調整が出来ます。なので、自宅療養に移れるので一安心した所です。


隣のベットの方は15時間の手術に耐えましたが後遺症が残ってしまう・彼女の肩を支えにして廊下を歩いていらした青年は4回も頭を切る大手術をされたにも関わらず目が見えなくなってしまう・・・辛い話を聞かされると母は「私なんて大した事無いよね、腫瘍が出来たと聞いて二度と家に戻れないと覚悟を決めたの、だから身内より眠れたし楽な気持ちで手術に挑めたのよ。でも、今は家にも帰れるし多少の不便はあっても大丈夫。待ってくれている人や猫がいるんだし、手術前より良くなっているから」と明るい声で話してくれた。


術後、強烈な頭痛に襲われると言われていましたが母には無かったそうで手術の麻酔から退院まで痛みで苦しまなかった事が救われます。


みなさん本当にご心配頂きありがとうございました。


バンザーーーーイ、母が元のまま帰ってくる1


            病院


                       この病院・先生方に謝謝178

素敵なお店

友人に誘われ下高井戸にある高井戸倶楽部に出向いた。甲州街道を少し入ったその場所は以前倉庫だった所で入り口は何となく西洋のお化け屋敷?と感じてしまう所だったけれど、中は一変!素敵でお洒落な空間。友人達は屋上のビアガーデンでテーブルを囲んでいた。心地イイ風がビールを美味しくしてくれていたのも束の間、黒い雲が立ちこめ大粒の雨が妨害してきた。


階を移し飲み直し。結局デザートのキャラメルハニートーストまで食べてしまい、ヤバイよ。


夜遊び隊は今日も行く あちこちに出没し美味しい物を食べれるのは最高の幸せだね。


そしてお喋りの中で大なり小なりみんな悩み苦しんでいるんだと・・・自分だけじゃないんだって事。 実感265


                              高井戸倶楽部

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

下町

土曜日、親友の地元で夜に御輿が出ると聞き、出かけていった。何故こんなに暑いのかと思う位、日が暮れても地獄の様な暑さ。だけど下町の人達の盛り上がり方は、暑さも吹き飛ばす、活気にみなぎっていた。初めて参加した私達に大勢の人が声を掛けてくれ下町の人の暖かさを感じた。途中の休憩は三ヶ所、そこで酒が振る舞われ食べるものに驚かされた。まずは味が付いた玉蒟蒻棒、次はカップに入った素麺、最後は冷奴 どれもが美味しくて御輿を担いでいないのに良く食べたなぁ~ 下町の人達には当たり前の事が渋谷で育った私には感動物だった。暑かったけれど、もっと心の熱さに触れた時間だった。 


皆さんありがとうm(__)m                              来年は担ぐよ


                 祭り


                               祭り


テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

星占い!

人を信じられなくなり男性に対して完全に不信になっている私がいる。自分の接し方にも問題があるんだと思う今日この頃だけど、いつも見ている星占いがある。友人に教えてもらったジョナサン・ケイナーにはいつも驚かされる。今週はこんな事が書いてあった。「暑すぎると、人は気温が下がることを望みます。寒すぎると、暖かくなることを望みます。人生が退屈だと人は興奮を求めます。人生が波乱に富みすぎていると人は静かな人生を求めます。「ちょうどいい人生」に恵まれることはあるのでしょうか? 人は最高の波が到来することを夢見てやまないサーファーのようなもの。「人生」という名の海はそれ自体で心を持っているということを受け入れなければなりません。「あとちょっとのところで獲得し損ねたチャンス」や「惜しい失敗」という名の冷たい波を何度もかぶり、ずぶぬれになることは避けられないのです。でも時おり、「運よく見つけた幸運」という名の波が起こることがあります。そんな波が今あなたの元に向かって押し寄せています! 」 私っていつも自分で波を立てているんだと思う、だってそのBIGWAVEに乗らなければ穏やかな綺麗な波の上で楽しくサーフィンしていられるのに。だけどジュナサンが言うように「ちょうどいい人生」は私の生き方では無いのだろうか。でも。。。「幸運という波」を早くGETしてみたい      深呼吸して自分自身を信じてみよう 新島

インテリア

先日、仕事帰りに中華料理屋の前を通った。そこには時々「ご自由にお持ち下さい」と紹興酒の瓶が置いてある。いつも気になっていたけれど持って帰るのは恥ずかしい。ん~~今日もある・・・どうしようと回りをキョロキョロ。ついているのかいないのか誰もいない。よーし思い切って持って帰ろうと持ち上げたら、物凄く重い(こんな重い物持つから益々腕が逞しくなるんだ)。更に黒のTシャツは瓶の塗料で真っ白になる、今更辞める訳にもいかず抱えて帰ってきた。次はコレをどうしよう?傘立て?使用方法も考えずこんな重い物を持ち帰ったのだから有効利用しなければ女がスタル思案中に娘が帰ってきた。ヤバイ、何か言われる。(だって食器とか買ってくると、入れる所無いのにって怒られるだも~ん)「オカン、何これ?」遂にきた、コワ!「素敵でしょ!抱えて帰ってきたのよ」「へ~良いじゃん、何に使うの?」そうきたか…で…私なりにリサイクル。IKEAで買った赤い枝を差し込んでみました。次は瓶にライト押し込んで下からライトアップしようかと。私の思案はまだまだ続く


                 紹興酒

息子の親友

仕事が終わる頃息子の親友から電話がかかってきた。今日、飲みませんか?って。待ち合わせは西日暮里!私には未知の世界 (私の中では下町って不思議な所なの) 喜んでと出かけて行った。息子とはサッカーのクラブチームで無二の親友、そんな彼は時々メールをくれる。今回落ち込んでいる私を元気付けてくれる為に誘ってくれた。 彼も多々困難があるのに、息子の友人に励まされているようじゃ私もマダマダだ!ね。 


彼曰く、頑固で一途、人への思いが深い。だから正直な思いを伝えられず遠慮して葛藤して自分を傷付ける、そんな私と息子はそっくりで…そんな所が良いんですよね~って言われた。


近くに住む私の親友も誘い三人のお喋りタイムは弾んだ、終電で帰るという私を泊まって行け~~と誘惑する彼女。しかしそうはいかず走って電車に飛び乗った。彼女はその後、近所のスナックで飲んでいたそうだ。 西日暮里の会はこれからも続く・・・イヒヒ


           暖かい幅広い年齢の友人に謝謝

母の術後

手術をしてから1週間が過ぎました。心配していた鼻から出る髄液の漏れも徐々に納まり術後4日目には片側の鼻からガーゼを抜く事が出来ました。そのガーゼ、あんな小さな穴に3本も入っていて長さ30cm近くあるの・・・もうビックリ。出てくる出てくる。腰から出ているチューブで頭の髄液を調整していましたが、何で腰から頭の髄液を出せるのかも不思議。医学って凡人の私達には理解出来ない所が沢山あるんだね~ 食事はおかゆから常食に移っていくのですが、母はいつまでもおかゆ。食べちゃ駄目なの?って聞くと、看護婦さんに入れ歯をやってもらうのが悪くて・・・そんな理由なの? 直ぐ看護婦さんを呼んで入れ歯の件を言うと気が付かなくてごめんなさいと謝っていた母はチューブが出ているから動けないので下の世話をしてもらうだけでも苦痛だと。そんな入院が始めての母の気遣いは切ない。


                                             入院

新島

私は10代後半から20代前半までサーフィンにはまっていました。地元の友人やサーフショップで知り合った新島の人達と一緒に週末は海・海・海。学生時代は朝波が良いと一人で車を走らせ千葉まで波乗り、とんぼ返りをして授業を受ける。そんな生活で皮膚科の先生にも、そんなに焼くと年取ってシミに悩むぞ!とお小言を言われながらも続けていました。アノ頃、女性が波乗りをしているのは珍しく今と比べ不自由な事が沢山ありました。大きい波に挑む友人を横目にパドルアウト(沖に向って漕ぐ事)出来ず悔し涙を流した事もありました。テイクオフ(波に乗る事)だって簡単にはいきません。四苦八苦しながら、それでも頑張った時代でした。20数年が経過し今回、やっと念願が叶って5月新島に行くことが出来ました。一緒に過ごした仲間を訪ねると大歓迎してくれてタイムスリップしたようで・・・幸せな時間を貰いました。友人は現在、新島で漁師をしながら居酒屋を経営している人、寿司屋を継ぐ人、民宿を営んでいる人等がいます。みんな最高の友人です。


またサーフアイランド新島へ行こっと


大三




新島

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。