プロフィール

kayzer1

Author:kayzer1
海をこよなく愛すワーキングマザー
Friend Dance Surfing Healthを
中心にお伝えします。
40ゥン歳、私を取り巻く元気のイイ
友達とのハチャメチャ人生。
海では小波にしか乗れないのに
陸ではビッグウエーバー!

Like♪

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフティー

グラフティーには賛否両論があると思います、あって当然です。私の周りでは落書きも沢山あります、でも一つのアートとしてみると否定ばかりではありません。素晴らしい作品に出会うと感動すら覚えます。きっかけがあって桜木町高架下の巨大壁画をアート空間、桜木町ON THE WALLの製作現場に出向きました。息子の友人が期日を迫られ焦って壁画制作をしていましたので差し入れだけでなく、何か出来ないと申し出た所・・・じゃあ!とローラーを渡されました。黒のペンキをローラーに吸わせ届く範囲をペイント。


グラフ
体力的にはかなり厳しいのですが意外と面白い!完成した作品を眺めたら《Thanks Mama》とペイントがされていた。粋な計らいをしてくれて。。。こちらこそ謝謝♪


 そして息子の尊敬する方も製作中でしたので、現場訪問。ゴールドをベース(数十本使用)に雷神を描かれていて見事でした。ソフトな部分とハードさを取り入れ素敵な絵に仕上がっています。いつも思います・・・この発想って何処から来るのだろう桜木町に出向いた際にはこの1kmに及ぶ高架下の巨大壁画をアートをご覧になってはいかがですか?たかが壁画とは言えない何かが感じられると思います。


 グラフ

スポンサーサイト

孫から手術を受ける祖母への手紙

俺は一緒に暮らしている時も、その前からもおばあちゃんに凄い沢山迷惑を掛けてしまったし、お金も沢山貰った。俺はそういうお金は決してもらった物じゃなくて俺が大人になったら必ず何倍にもして返して二人の生活や人生を豊かにしなくてはいけない物だと思っている。それにお金を返すだけじゃなくて、これからは二人の面倒を見たり二人を色々な所に連れて行ってあげたいんだ。俺は自分だけが今みたいな経験をするんじゃなくて二人に出来るだけ多く素晴らしい体験をさせたいって心に決めているよ。だから今は怖いことも辛い事もあるけれど必ず元気になって直ぐ元の生活に戻れるようになって欲しい。病気になった時(俺は病気慣れしているから)一番大切なのは気持ちだと思う。私は治る、絶対に治る、治ったらあんな事こんな事色んな事が出来る・・・と前向きな事ばかり想像するんだ。そうすると体が元の自分に近づこうと努力するから、どんどん回復に向かうんだよ。俺も昔病気になった時は自分の気持ちを上手くコントロール出来なかったけれど今はどうしたら良いか良く分るからおばあちゃんにはそうして欲しい。弱気にならず気合と根性が大切だよ。心だけはいつでも元気にしていなきゃ駄目だよ。おばあちゃんなら絶対余裕だからさ!不安を楽しみに変えるんだ。この手術が終わればアノめまいやしびれとはおさらば出来る。この治療を続ければ前みたいに元気で生活出来る。そう思えば少しの痛みは苦い薬みたいな物だよ。心配しなくて良いよ。俺だって腎臓に2回もハリを刺している。それにママを産むよりは絶対に痛くないよ(笑)だから心配せず安心して手術に望んでね。上手くいくし、ちゃんと直るよう俺も応援しているから。祈るとかそういうのって嫌いなんだ、祈る前に物事がちゃんと上手くいく方法が見つかるよう努力した方が良い。それは良いお医者さんを探す事だったり自分なりに治療に適した健康状態を作る事だと思う。ママは最高の医者や環境を見つけているし。おばあちゃんもしっかり食事をしてお医者さんの言うとおりに生活していれば健康を維持できるはず。自分たちでベストを尽くせば必ず結果は付いてくるよ。だから祈るとかじゃなくて信じてる。大丈夫だよ、みんな支えてるから。


母は手術前日、この手紙を読んで孫が心ある子に育ってくれた事に又涙していた。父は「生意気な事言いやがって・・・」随分大人になったんだな~と目頭を押さえていた。両親は息子の腎炎の時は病院へ毎日のように通ってくれた、二度とサッカーが出来ない体になり心落ちた息子も今では温かい言葉が出るようになった。

手術 結果

母の手術は8時間半に及びました。術後のCTで腫瘍は95%取れていると思われます。目の神経への圧迫は解除できています。術中、髄液が流出したので、お腹から脂肪を取り詰めてパッチしています。鼻から沢山でないように様子を見ていきます。術後起こりえるものとしては、出血感染があり慎重に経過を見ます。詳細な評価は2~3ヵ月後のMRIにて行います。残存していた場合はガンマーナイフによる治療も考えられます。腫瘍は両側の太い動脈の周囲、上外側に残っています。正常な下垂体にも操作が及んでいる為、尿量が増えるので薬で調整する必要があります。長くても6ヶ月あれば改善すると思われますがステロイドを含む薬の投与は採血をしながら調整していくそうです。病理結果は両性の腫瘍でしたが詳細は永久病理の結果を待たないと分かりません。ICUに移された母の姿は小さく心が苦しくなりました、そんな母は麻酔が残っている中で頭が痛い!と小声で伝えてきました。あちこちから管が出て痛々しい姿、こんな母の姿、たまりません。そんな中、母は「モモ・エビ モモ・エビ」と言っているのです。モモは自宅で飼っている猫。エビとは好物の海老の事。忘れずにあげて欲しいとの意思表示でした。母らしい・・・父と笑ってしまいました。

下垂体腫瘍 手術方法

今回の手術方法を記載します。


頭を3つのピンで固定しますニューロナビゲーションという装置を用いて手術中に細かい位置の確認を行います。手術中の鼻からの血液を誤嚥したりしないように口腔内の奥にガーゼを挿入します。手術は内視鏡や顕微鏡と特殊な手術器具を用いて行います。左右どちらか一方の鼻の穴を用いて手術操作を行います。内視鏡を用いて鼻腔内に入り鼻中隔を切開し、副鼻腔の一つである蝶形骨洞鼻腔に入ります。ここからトルコ鞍が見えてきますので、この骨を削除し下垂体の硬膜の下が腫瘍となります。腫瘍を内視鏡や顕微鏡を用いて少しずつ摘出していきます。大部分の腫瘍を取ると下垂体と脳との間の膜が落ち込んできますので腰部に入れた管から髄液を抜いて脳の圧をコントロールしつつ手術を進めます。慎重に上方に伸びた腫瘍や海綿静脈洞・内頚動脈に接した腫瘍を観察し、柔らかい腫瘍であれば摘出します。しかし大切な血管や神経が近くを走っているため、損傷しないことを優先します。腫瘍がどれだけ摘出出来るかは、下垂体その物への浸潤、腫瘍の固さと側方や上方(視神経)への進展により大きく左右されます。腫瘍が柔らかい場合は大半は比較的安全に取れますが、固い場合や周囲への浸潤の強い場合は、周囲の組織を損傷する可能性が高くなる為腫瘍の摘出を部分的にとどめざるを得ない事が多くあります。(母の場合は柔らかい腫瘍でしたので95%の削除が出来ました)腫瘍を摘出した後、止血を確認し、手術中に脳脊髄液が鼻の方に漏れてくる場合やトルコ鞍の欠損が大きくなる場合では腹部より脂肪組織を採取しそれを手術によって生じた腔に充填します。切開した鼻中隔を生体のりで接着し、鼻腔内に軟膏を付けた小さなガーゼを数枚詰めて手術を完了します。


この手術による危険性   *手術中・手術後の出血 *視野障害 *複視(物が2重に見える) *髄液漏 *術後感染などが3~5%程度


今回の手術で高度先進医療としてニューロナビゲーション装置を用いました。


ニューロナビゲーターシステム(StealthStation TREONTM)


ニューロナビゲーターとは手術前に撮影したCTやMRIの情報をもとに、手術中にメスの先の位置、目的とする腫瘍あるいは血管までの方向と距離をリアルタイムに表示してくれるコンピューター手術支援装置です。脳腫瘍で肉眼的に正常と異常の見分けがつかないような場合、その部分を切除するか否かの判断に極めて有用です。 
そればかりでなく腫瘍の各部分や危険な血管等の目標点までの方向・距離を示してくれ、脳深部に病変がある場合など、正確且つ安全に病変部まで導いてくれます。   
ただしこの医療は保険適応となっていません。高度先進医療費として¥95,000別途加算されます。


              手術


 

母の脳腫瘍

病気一つした事無い母が入院をして今日手術である。病気は脳腫瘍。下垂体腫瘍と言ってホルモンに影響を与えたり視野を不自由にさせる。現在4Cm程の大きさになって視界が狭くなり、ホルモンの影響かとても疲れる。


手術は手術室に入って8時間かかると言われています。


脳下垂体は何処にあるのかと言いますと・・・およそ首から上のいわゆる頭蓋骨のほぼ中心に位置します。別のいい方をすれば、眉間の奥7cm前後のところにあります。脳下垂体のすぐ中上には左右の視神経とその交叉部があります。また、脳下垂体の左右には海綿静脈洞という太い静脈があり、その中を内頸動脈という太い動脈や眼球を動かす神経などが走っています。正常な脳下垂体は 「女性の小指の先端」くらいの大きさで、重さは1gもありません。 これはさらに前葉と後葉の2部に分かれており、前者が大きな容積を占めています。


  下垂体腫瘍
沢山の許諾書にサインをし母は手術室に入っていった。説明を受ける母は泣いていた。。。


同じ病気で悩む方の為にも概要をお知らせしていきます。

那須 立ち寄り

チェックアウトして立ち寄った場所。

つつじ吊橋

那須高原駐車場に車を止めて、なす高原自然の家から遊歩道を300mほど歩くとつり橋に到着します。
苦戸川にかかる橋長130m、高さ38mの吊橋からの眺めは茶臼方面も那須高原方面も見事です。橋の両側には東屋があり休憩に便利です。

バンジ―ジャンプしたくなる絶景でした、凄く揺れたな~

             吊橋

史跡 殺生石  ここはバスで通過

那須湯本の殺生(せっしょう)石は、九尾の狐が吹き出した猛毒が立ちこめ、あらゆる生き物を殺したという伝説の残る場所。
付近には硫黄の匂いがたちこめ、殺伐とした雰囲気だそうです。

                殺生石


標高1915m、今も噴煙を上げている栃木県で唯一の活火山。ロープウェイで9合目まで行けるので、頂上まで女性の足でも45分で登ることができる。頂上からの眺望はすばらしく、周りの山々や眼下に広がる那須野ヶ原の広大な眺めは壮観。山頂付近は、高山植物の宝庫でもあり、家族連れでも楽しめるコースとして親しまれていますが、ロープウェイを待つ間、地震で点検中という案内。数分後動き出しましたが、あいにく濃霧で景色は全く見えず。

この地震、後ほど知ったが新潟県中越沖地震の揺れだった。多くの犠牲者を出しご冥福をお祈りいたします。

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

北温泉 続き2

芽の湯から上がる頃にはヘロヘロになって食事までの時間を大部屋で過ごす。当たり前のように飲みが始まっていて、テーブルにはサキイカ・何故かブルーベリー後で聞いたらドライブインで買ったらしい)・茹でとうもろこしお酒は数知れず^^   食事処に場所を変えて始まります大宴会!


 北温泉


ビール53に日本酒270 どんどん運ばれてくる~~ うわ~~



早起きして出掛けてきた私は8時だと言うのに眠くなり食事後、部屋に戻ると他のメンバーもいつの間にか寝てる。一人は濡れたタオルを顔に掛けていて・・・危ないよ~~


そんなんで、あっという間に意識が無くなり目が覚めたら4:30だった。


何て健康な! みんなを起こさないように、そーと立ち上がり河原の湯に向かおうとした瞬間、「私も行く~寝てられない~」とみんな起き上がりズラズラと早朝入浴。気持ち良かった~~~最高! その言葉しか出てこなかった。秘湯ってこの事だ!


男性のお風呂からは滝の豪快さが見えるようでしたが、女風呂からは覗き込まないと見えない。見た~い一心で立ち上がりこの絶景を写真に収めた。


         滝    


そして、旅館のパンフレットになるような写真を撮ってみたいって事で、この写真。どう?良い感じ?


         北温泉


醜いものをお見せいたしました229


北温泉の方、パンフレットにいかがですか278


 


朝食はありがたいメニュー。おかゆ・ご飯・納豆・鮭・温泉玉子・さやの胡麻和え・お新香・海苔・そして何故かヤクルト。二日酔いの人には好評でした。

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

那須 北温泉 続き

宿に到着して早速温泉へ  部屋は昔の和室って感じで少々かび臭い。それも愛嬌だと水着を着て、温泉プールへ。確かに広い・景色も良い。。。だけど、だけど大雨。体は温かいのに顔だけ雨に打たれ冷たくなっていく。タオルを頭に載せ何とか防御。 浮き輪もあり晴れていれば最高なのに。。。                      


北温泉


水着のまま今度は相の湯(昔は唯一混浴でそのために相の湯と呼ばれます 明治の頃の建物は非常に趣がありファンの多い湯だそうです)へ  レトロでしょ!


                     相の湯


そういえば温泉宿って体や髪を洗う所がないの?どうしよう・・・と水着を脱ぎ捨て浴衣持参で次の場所に移る。今度は芽の湯(芽の湯は古来より目の湯と云われ眼病に良しとされていました慶長7年頃(1600年初め)徳川江戸開幕に伴い当地の藩主になった大関公所有となり目の湯の下に御殿を建て姫様専用とした故に『姫の湯』といわれました 姫が使用したところから『姫の湯』明治以降『女の湯』とよばれ其の後湯治は混浴主流であったところから『芽の湯』となりました)ココで体や髪を洗う事がOK!高台にある露天風呂です。勿論シャワーなどは無く、水路のような場所で湧き上がる湯を桶に汲み使用します。


            芽の湯


雨に打たれた新緑がマイナスイオンを放出。深呼吸する度に気持ちよさが増していました。この他にも未だいくつものお風呂があります。後日、お知らせしていきますね。







 

テーマ : 小さな幸せ - ジャンル : ライフ

最高の友人

自分の人生の中で何度となく大きな壁にぶち当たったけれど・・・40うん才で人を好きになり、将来この人と一緒にいれたらと思った。そんな中、ある出来事によって引き離されてしまった。嫌いになるボタンがあったらどんなに楽だろうか。突然、好きな人が消えてしまうのだ。自分のコントロールが出来ない、思い出ばかりが蘇る、友人からも励まされはする物の未だに回復出来ない。


 そんな中、友人が旅行に誘ってくれた。20人の大所帯で行く貸し切りバス旅行、場所は那須塩原。北温泉ネットで検索したらレトロな施設に驚いた。自分では絶対に行かない場所。だけど知らない人・場所に自分の身を置くのも良いかな~って気持ちで参加してみた。台風が通過中の悪天候、秘境と言われるこの場所は車では行けない。駐車場から10分程、山を下るが絶景に言葉を失った。


                北温泉


                                                             北温泉
          



この歳になって観た事のない光景、日本って凄い!  
                  北温泉


台風の中、来て良かった・・・到着時間はPm2:00 どんな旅が始まるのだろう^^  バスの中からのんべ軍団は始まっていたのよ。  景色と共に北温泉と那須で立ち寄った所を紹介していきます。



             





 

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。